• ホーム
  • 生活習慣やストレスが影響?男性型脱毛症になる原因とは?

生活習慣やストレスが影響?男性型脱毛症になる原因とは?

男性型脱毛症は、男性ホルモンが原因で発症する病気であるため根本的な要因として生活習慣やストレスは無関係なようにみえてしまいます。しかし、環境的な要因によって結果的にAGAを誘発する可能性が存在するという点は否定できないという研究結果もあります。例えば、生活習慣が原因で遺伝的に元々存在していたAGAの因子が表に出てしまうことがありますので、対策を講じるときには十分な注意が必要になります。

AGAの第一の原因として考えられるのは、遺伝的な要因です。薄毛の遺伝子は、主に父方の影響が強いということがわかっていて、父型に薄毛の人が存在するときには隔世的にその系統に対して薄毛の遺伝子が継承されてしまうことがわかっています。そのため、そもそも薄毛の遺伝子が存在しないケースではAGAを発症させる可能性はかなり低くなります。

これに加えて、外部的な要因が作用して男性型脱毛症が発症する可能性が高まります。特に重要なのが、へモグロビンの数値です。脱毛症が重度になっている人は、ヘモグロビンの数値が高くなっていることがわかっています。ヘモグロビンというのは、体に対して様々な栄養分を運んでくれる非常に重要な役割を果たしているものです。この数値が低下すると、体は不調をきたすことになります。

一方で、数値が高すぎても良くありません。ヘモグロビンの値が大きすぎると赤血球が増えすぎてしまって高血圧になり、血管に対して大きな負担となってしまいます。こういった負担の方が、実は脱毛症には関連している傾向があります。ヘモグロビンの数値が高いと、結果的に血圧が高くなって血流が不足して、脱毛作用に関連する可能性が高くなるからです。しかも、こういったへモグロビンの変動はストレスなどからも影響を受けます。

さらに重要なのが、ヘモグロビンの数値の変動が酸素不足と関連していることです。静脈酸素の状態がおかしくなってしまうと、自然と体内のヘモグロビンの活動にも変化が生じますので、実は男性型脱毛症にとっても良くない事態になります。ストレスや生活環境を改善させると、血流が良くなって結果的に静脈酸素の状態も良くなるため、頭皮のバランスを司るという意味でも大きな効果を発揮できる可能性は存在します。

反面で、遺伝的にしろ外部的にしろ男性型脱毛症は早期発見が第一であり、早期発見ができれば男性ホルモンの抑制によって高い確率で症状を改善できるということを忘れてはいけません。ミノキシジルなどを併用すれば、発毛効果もさらに期待できる余地が高くなります。

関連記事
市販品や病院で処方されるAGA治療薬は効果があるのか? 2020年05月15日

クリニックで処方されるAGA治療薬と市販品では、含まれている成分が全く異なるという特徴があります。特に、個人輸入などで海外から購入したようなものでない限りは、市販品を利用することで大きな効果を期待することは基本的には難しいと考えておいて間違いありません。そもそも、クリニックで処方される医薬品はその名...

医師の診断に基づいて適切なAGA治療を行いましょう! 2020年06月17日

AGA治療は、自発的に行うのではなくクリニックで行うのが基本です。AGA治療については、他の薄毛とは異なって医学的な観点から治療方法が確立している傾向がありますので、ガイドラインに従って治療を行っていけば高い確率で現状を改善できる可能性が存在します。仮に、診断や検査をしてもらってAGAではないと判断...

プロペシアのジェネリック医薬品にはどのようなものがあるのか? 2020年04月25日

プロペシアのジェネリック医薬品には、3つの種類が存在します。それぞれ、フィンペシアとエフペシア、そしてフィナロと呼ばれている製品です。まず、フィンペシアは世界的にみても最も有名なプロペシアのジェネリック医薬品に違いありません。フィンペシアの有効成分はフィナステリドであるため、服用することでプロペシア...

AGAの治療薬として最も代表的なプロペシアの効果と副作用とは? 2020年04月10日

AGA治療薬としてプロペシアが優秀なのは、AGA特有の脱毛作用を効率的に抑えてくれるからに他なりません。普通、AGAは一度発症すると元の頭皮の状態に自力で戻すことが不可能に近い状態になってしまいます。脱毛物質が作られ始めてしまうと、体質そのものを変化させない限りは元の状態に戻すことが難しくなってしま...

前立腺肥大の治療に効果があるノコギリヤシはAGA治療にも効果がある? 2020年03月29日

ノコギリヤシは、その名前の通りヤシの一種のハーブのようなものです。一般的には、AGA治療薬で提供されているものではなく、前立腺肥大症に対して効果の高いものとして存在しているという背景があります。昔から、前立腺がんなどによって前立腺に何らかの異常があったときに、このハーブを使うことで効果があると考えら...